本文へ移動
0
5
1
9
5
1

災害時の対策は

災害が起きた時は・・・

火災の時は・・・容器バルブを閉め、消防署員または消火にあたる人に容器の位置を知らせ、後の処置を頼んで下さい。
地震の時は・・・まず、ご自分の身の安全を守って下さい。その後、揺れが収まったらガス栓、器具栓を閉めて下さい。
台風や洪水のおそれがある時は・・・容器バルブを閉め、容器が倒れたり流されたりしないか、しっかりと固定されているかを確認して下さい。
 
※電気のブレーカーも落としてください。
※異常があった場合は至急、LPガス販売店または保安機関へ氏名・住所・状況などをお知らせください。
※再びガスを使うときは、必ずLPガス販売店または保安機関の点検を受けてからお使いください。

容器バルブの閉め方

災害のときに容器バルブを閉めることは二次災害の防止にも役立ちます。
容器バルブを閉めるときは、時計と同じ右に回すと閉まります。
TOPへ戻る